THE SHAKES OFFICIAL WEB SITE NEWS   |   SHOP   |   MAIL FORM   |   LINKS

ABOUT DISCO LIVE INFO BLOG ARCHIVE


BIOGRAPHY

1981
兄弟である黒水伸一(Vo&G)と黒水厚二(G)、厚二の同級生の伴(Dr)と岡元隼人(B)により結成。
結成後すぐ、 カワイ楽器主催のコンテストで初めて人前で演奏する。石田清巳氏(THE RAIN、のちのTHE BADGE)の推薦で決勝大会進出。「CHINESE ROCKS」や「WALKIN' THE DOG」などカバー曲を演奏。「すっげーカッコよかったんだぞ、チャイニーズ・ロック」厚二談。
さらに人前で演奏する機会を求め、「絶対イイから出させてくれ」と直接新宿ACBへ電話し、その後THE PETZ主宰の「WELCOME TO THE BEAT CLUB」にレギュラー出演するようになる。('83年までマンスリーでこの企画は続く)
ヤマハの音楽コンテスト「EAST WEST」応募。某審査員にボロクソに言われて一次審査で落ち、リベンジを誓う。

1982
再度、ヤマハの音楽コンテスト「EAST WEST」に応募。東京大会で準優勝し雪辱を果たす。準優勝により、全国大会へ出場することになったが、全国大会はバックレる。「兄ちゃんの怪我をでっち上げて辞退しました。ごめんない」伴談。
雑誌「ZIG ZAG EAST」主催イベントで、THE PETZと共に初めてのツアーに出る。「エコー&ザ・バニーメンなどのフィルム・コンサートと一緒にライブもやった。すごく'80年代なカンジ」伸一談。

1984
新宿LOFTにてワンマンのマンスリー・ライブを始める。
「いつも汗でパンツまでビッショリになるので、ライブのときはノーパンでやってました。兄ちゃんはよく社会の窓が全開でした。厚二は楽屋でビショビショのパンツをヘアドライヤーで乾かしていた」伴談。

1985
岡元(B)脱退。
もともとはSHAKESのライブを見に来ていただけなのに、無理矢理ローディ的な事を手伝ってくれていた(伸一談)、三輪雅也(B)が加入。

1986
4月、FM横浜「THE SHAKES RADIO PARADISE」スタート。
6月、日本フォノグラム傘下のPHILIPSレコードより、1stアルバム「THE SHAKES」、シングル「STANDING IN THE RAIN 〜降りそそぐ雨の中に〜」リリース。
7月、日本青年館での佐野元春マンスリーライヴのオープニング・アクトをつとめる。
10月、東海ラジオ「SFロックテーション」の水曜パーソナリティを担当。
12月、シングル「R.O.C.K.TRAIN(Remix Version)」リリースするものの、年末、所属レコード会社の邦楽部門の廃止により、突然、契約を解除される。

1987
新宿LOFT、横浜VIVRE、名古屋E.L.L.でそれぞれマンスリー・ライブを続行。
伸一以外の3人のメンバー、厚二、伴、三輪によるYOUNG SHAKESでもライブを行う。
GO-GO 3「夢見るクリスマス」のレコーディングにYOUNG SHAKES参加。

1988
GO-GO 3のアルバム「EVERYBODY PREFERS」のレコーディングに厚二と三輪が参加。
伸一と厚二、THE PEPPER BOYSのアルバム「PLEASE」に楽曲提供。
秋、伴がSHAKES以外の活動の場を求めて脱退。「いろんな人と演奏したかった。SHAKESをやっているときは無理だった。実際、ほかでの活動はやめてくれと言われたし」伴談。「当時は、SHAKESに人生のすべてを捧げるのが当然だと思っていたので、掛け持ちやサイドプロジェクトなど有りえなかった。他のバンドもやりたいという伴の申し出は(その頃の自分にとっては)理解の範疇を越えていた。伴、スマン!」伸一談。

1989
佐野元春(ブルー名義)「双児のコマドリとゴールデンフィッシュ」、THE PEPPER BOYS「LA LA LA」のレコーディングにコーラスで参加。伸一と厚二はTHE PEPPER BOYSのアルバム「PEPPER BOYS」、松下里美のアルバム「DOKI DOKI」に楽曲提供。
オーディションを経て、相沢和弘(Dr)加入。

1990
2月、CBS SONYよりアルバム「STEADY ROLLIN'」リリース。
9月、CBS SONYよりシングル「SATURDAY CLUB」リリース。「ソニー時代は、ミキサーの井上剛氏や仕事の域を超えて関わってくれた若手スタッフの方々と出会えた事はとても印象深く、ありがたいなぁと」伸一談。
渋谷EGG MAN、横浜VIVRE、名古屋E.L.L.を中心にライブ。
再び、東海ラジオ「SFロックテーション」の水曜日のパーソナリティを伸一が担当。

1991
2月、CBS SONYよりアルバム「RHYTHM&BLUES」リリース。
STVラジオ「イレブン・ジャングル」のパーソナリティを伸一が担当。

1992
3月、SONY RECORDSよりアルバム「WAO! 」リリース。「いろんなことが重なって、この頃からライブをするのが楽しくなくなってきた」伸一談。
秋、下北沢SHELTERのライブ終了後、ファンに向け「音楽を嫌いになる前に‥‥」のメッセージを残し、ライブ活動を休止。

1995
レコーディングを開始する。レコーディングは断続的に2〜3年かかる。

2000
1 月、U.K.PROJECTよりアルバム「OOH LA LA」リリース。SHAKESとしてクレジットされたメンバーは伸一と厚二のみ。「(ベースとドラムがセッション・ミュージシャンなのは)いろんな人とやってみたくなったから。と、伴に遅れること?年、やっと伴に追いつく(笑)」伸一談。
アルバムを発表したものの、ライブ活動は休止したまま。「またライブをやる気持ちにはなれなかった。(ライブをしなかったのは)SHAKESとしてちゃんとやりたかったから」伸一談。「辛かった。ライブしたかった。でも毎週末アニとは曲作りを続けていて、いい曲が出来ていたから、頑張ろうと思った。それでなんとか生き延びられた。それがなかったらどうにもならなかった」厚二談。

2003
厚二がthe BOOTSに参加。SHAKES以外のレコーディングやライブなどの活動を開始。
SHAKESもライブ活動再開に向けてリハーサルに入る。
HEATWAVEをはじめ、様々な音楽活動を続けてきた伴が15年ぶりにSHAKESに復帰。「ポジティブな意味で昔のままだった。自然だった」伴談。「ある種の魂の絆を感じた」伸一談。「伴は伴だなぁと思った」厚二談。
10月、吉祥寺STAR PINE'S CAFEにて、SHAKESとして11年ぶりのライブを行う。ベースはARBのEBI氏がサポート。「全然ブランクは感じなかった。リラックスしてエンジョイできた。多くの方々のサポートのおかげです」伸一談。

2004
下北沢CLUB251での自主企画ライブ「YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY LOOKING AT THE COVER」や、下北沢MONA RECORDSでアコースティック・ライブ「VOX AND CADENCE」を開催。「自分達でゲストの人選や出演交渉、打ち合わせ、当日の進行など、すべて仕切るのは初めてのこと。観に来てくれる人達がいる幸せ、ステージに立てる事の喜び、それらを強く感じている」伸一談。 伴もthe BOOTSに参加。

2005
伸一、the BOOTSのアルバム「LOVER'S ROCK」に楽曲提供し、レコーディングにもコーラスで参加。「BOOTSの曲を頼まれた日、深夜ベッドの中で曲が浮かんだので寝ぼけながら録音して、寝ようとしたらまた別の曲が聞こえてきて、の繰り返しが7〜8回あって、一晩でほとんどの曲が出来た。あー、自分達の曲もこうやって書けたらいいのになぁと思ったよ」伸一談。
継続中の自主企画によるライブでは、来場者全員へのバッヂや未発表曲CD-Rのプレゼントなどを行う。また、自主企画以外のライブにも参加。
12月、ベーシスト三輪雅也主催の企画「三輪ちゃん祭り」に、NANKER PHELGE BLUES BANDとして参加。三輪と共にカバー曲ばかりを演奏。「バンド名は三輪が付けて、選曲はオレがしたんだよ、たしか。カバーばかりというのは、たまにやるといいね」伸一談。

2006
2月のライブよりEBI氏に替わり、信夫正彦氏がサポート・ベーシストとして参加。「ちょっと合わせれば、良さそうだなとか、イマイチだなとか、コイツとやったらスゲエ(かっこいい)ことになりそうだなとか、すぐわかるんだけど、信夫の場合は一番最後の感覚だった。今ではほかの人じゃ代わりが利かないくらいの存在感だね」厚二談。
12月、新自主企画「THE BOYS ARE BACK IN TOWN」をザーザズー代々木にて開催。DJシンが初登場。「選曲がスゲーなと。最高だなと。DJ機材の使い方はよくわからないけど(笑)」伸一談。

2007
2月、第5回目の「VOX AND CADENCE」にて、初めてランチタイム・ライブを開催。「アコースティック用のアレンジを考えるのは面白いね」伸一談。
4月、新自主企画「R.O.C.K. TRAIN」を新横浜ベルズにて開催。「ベルズは昔ながらのライブハウスという感じがして、すごく居心地がいい」厚二談。
11月、SHAKESとしてではなく、“黒水伸一&黒水厚二”で、アンプラグドな弾き語りライブを開催。
12月、第2回目の「THE BOYS ARE BACK IN TOWN」の共演者はSADDLES以外に、信夫正彦 with 伴慶充とthe BOOTSという、SHAKESのメンバーが参加しているバンドが出演したことにより、「シェイクス祭り」と別称される。「昔は対バンと一緒に楽しむなんてことはなかった。BOOTSに飛び入りしたときは、ボーカルはよく知ってる人だし、メンバーも同じだから、ステージに出ていったとたんSHAKESと同じ気持ちになったというか、アグレッシヴな気分で、お客さんを煽っちゃったな」伸一談。

2008
6月までの上半期は毎月1度のペースでライブが行われる。「自主企画のライブをする以外に、誘われたイベントにも出ていたら、最初の半年間は月1ライブになっていた。2003年に11年ぶりのライブをやった頃を思うと、こんなにライブをやっている今が信じられない。あのときは、とりあえず一回やってみよう、それから後のことはわからないけど、という気持ちだったから」伸一談。

2009
1月、新企画のマンスリー・ライブ「FRIDAY ON MY MIND」が、新横浜ベルズでスタート。12月までの1年間、毎月毎回テーマを替えてライブを行う。こういったマンスリー・ライブは、'81年のバンド結成以来、初めての試み。
「これまでだって一回一回全部違うライブをやってきたけど、一発目(1/31)が終わってみての感想は、正直、スゲーことを始めちゃったなぁと」伸一。
「本当にすべてを見せる。ハズカシイくらい全部見せちゃうよ」厚二。
「今までも毎回違うライブやってるんで、特に違うことをやるという感覚はないです。いつもやってることを見せるだけ。でも、マンスリー企画だけでやって、今後2度とやらない曲はあるかもね」伴。
9月、地下鉄みなとみらい駅構内で行われたフリーライブに参加。
12月、ライブ活動再開後初のワンマンで、1年間に渡って開催したマンスリー・ライブを終了。

2010
2月、ファン・イベントとしてDJパーティを開催。ミニライブのほか、DJシンと共に、厚二、伴も初DJする。
4月、ワンマン・ライブ企画「SATURDAY CLUB」開催。(8月と12月にも開催)
6月、厚二、the BOOTSのオノタカコと結成した新ユニット「a pair of boots」の初ライブ。
9月、地下鉄みなとみらい駅構内で行われたフリーライブに参加。
10月、伴、NOWHERE参加。
12月4日のワンマン・ライブを最後に活動休止を発表。「ライブ活動を再開して7年が経って、オレの個人的な気持ちの問題で休みたくなった。メンバーには理解してもらいました」厚二談。
SHAKESとしては無期限の活動休止に入る。

2011
伸一はソロとして初めてのライブを6月に行う。「バンドをやってるときは、自分がソロをやるなんて、まったく思ってもなかったけど、何事も経験だと思って挑戦してます」
伴は、信夫正彦やNOWHEREのツアー、和久井光司バンドのサポートなど、精力的に活動。

2012
5月、伸一ソロライブに増田ガッツ修との二人でのライブを開催。
10月、信夫 with 伴と共に、伸一ソロ活動として初めて名古屋と大阪へのライブ・ツアーをする。「20年振りの演奏の旅に、鎮魂、懺悔、再会、新しい出発、もうドライブイン休憩の度にアホのように食べません、食べられません…」伸一談。

2013
1月、伸一ソロ活動としての信夫&伴との共演ライブ中に、突然、3人のバンド結成。「バンド名に自分の名前を掲げるとは不遜極まりない気もするが、なんか強くそうしたくなったので黒水伸一TRIOで!」伸一談。「僕は幾つかのバンドでドラムを叩かせて頂いていますが、新たな参加バンドに黒水伸一TORIOが加わりました。ハイハイから全力疾走まで見せる事が出来るバンド!僕も進化しなくちゃな」伴談。
厚二は引き続き、充電中。「ずっと曲作りしています。いい曲たくさん出来てます」
(2013年10月現在)

上記内容の無断転載を固くお断りします。

top↑



©  The Shakes All Rights Reserved. | contact






(C) Script by Miyake_kobo.